TOP >  受講生の声 一覧 >  受講生の声(営業職・管理職・その他)

受講生の声(営業職・管理職・その他)

■ 「どうしたら人は動いてくれるのか?」の答えが見つかりました。

大手不動産販売会社 事業推進部長 木村 考さん

木村考さん

私は会社の組織の中核メンバーとして変革を起こすという役割があるのですが、正しいと思う事を一生懸命言っても人は動かず思い悩んでいました。なぜだろうか?言っている事は間違っているとは思わないのだけど・・・。

その答えはこの経営心理士講座で丁寧に分かりやすく教えてくれました。それは「何を言うか」の前に「誰が言うか」が重要。そして、その「誰が」になる為には、相手からの信頼が大切。逆を言えば信頼されていなければ何を言っても人には伝わらないという事を学びました。

木村考さん

その信頼を得る為に藤田先生から指導してもらった「感情の戦略」を愚直に実践した結果、動いてくれなかった人が動いてくれ「やったー」という体験を何度もしました。

今では「何を」の前に「相手から見て信頼を得られているか?」を注意深く見る事により、伝え方を考えるようになったので、相手に動いてもらえる確率が高まりました。また、従業員を動かすための組織心理、お客様を動かすための顧客心理と、人を動かす必要のある経営者や組織のリーダーにとって目から鱗の話が満載です。

私はこれから経営心理士として自分の仕事で実践し活かしながら、人や組織、そしてお客様を動かす事に悩んでいる人の手助けをしていきたいと思っています。

■ おかげさまで勝ちパターンが見えてきました。

Visso株式会社 マーケティング部 部長 小室吉隆さん

小室吉隆さん

私は、Webディレクター・コンサルタントとして、中小企業のマーケティング課題解決を、主にWeb・ITを通じてご支援しています。

経営心理士の講座を通じて、「Web・ITはよく分からない、けれど、対応が必要なんだよなあ」と考えている経営者が、どういう心境で、何を価値観として、ビジネス上の判断を日々行っているかを理解することが、以前よりはるかにスムースに掴めるようになりました。

小室吉隆さん

経営心理士講座の最も特長的な点は、毎回の講座が座学=インプットだけでなく、ディスカッション=アウトプットもふんだんに設けられていることで、座学で得た学びをすぐに実務に応用できる点だと思います。

内容全般についても、形而上的な話だけでなく、実践に基づいた経営・心理が多岐に渡って体系化されていて、これまで自分自身が無意識にとっていた言動が「こういうことだったか」と気付ける点や、まったく知らなかったケーススタディが多々あり、自分のビジネススタンスが間違っていなかったと自信を持って言えるようになりました。

特に印象に残っているのは“顧客心理コース”の内容で、「正に営業はこれが大事!」と思えることばかりで、おかげさまで「自分の勝ちパターン」もかなり確立されてきました。

今後も定期的に講座の内容を復習し、お客様の経営課題の解決に貢献していきます。

■ 仕事だけでなく家族や両親との関係(絆)も見違える程に良くなりました。

不動産会社 営業職 村林 修さん

村林 修さん

私は不動産の販売を20年以上行っております。現在は管理職という立場で仕事をさせてもらっていますが、営業マンの心理・お客様の心理について体系的に学ぶ機会はありませんでした。

不動産はお客様にとっても大きな買い物ですので“信頼が大切”とは分かっていても、なぜそう感じるのか?なぜそう感じてしまうのか? その様なコトまで考えたこともありませんでした。あるチームは試行錯誤していますが、なかなか結果が出ない。苦しんでいる現場がありました。

村林 修さん

“どのようにすれば・・上手くいくのか?” これまでの自分だと、自分の経験から細かな指示を幾つも出していたと思います。経営心理を学んだ私は、チームメンバーの声をしっかり聴くことができるようになりました。

チームメンバーにもある社長の言葉ではないですが“1勝9敗でいいから1勝を大事にしよう!゛と声をかけ、よくできたことだけをみんなで発表する取り組みを始めました(経営心理講座は具体的なテーマでの取り組みが実践されます)。すると『今、苦しんでおけば絶対によくなるしかない!』そんな前向きなコメントが戻ってきました。少しずつですがチームが変わる瞬間を感じました!

経営心理士コースは経営を支える方だけでなく、自分を経営する“マネジメント職”の方々に本当にオススメの講座です。 加えて同期メンバーの皆様との情報交流も貴重な“宝”であり大切な“仲間”となりました。

最後に仕事だけでなく“家族や両親”との関係(絆)も見違える程に良くなりました。藤田先生と経営心理士講座に心から感謝感謝です。

■ 講座で学んだことを実践したら、スタッフさんの主体性が発揮され、予算を達成できるチームに変化しつつあります。

営業職・管理職 米元 美和さん

米元 美和さん

起業や経営に興味があったのですが、ビジネスの実践経験がないので、だったら本質を学ぶのが先なんだろうと、「まずは心を知ること」にピンときました。とはいえ、経営者の方々や士業の先生方や一流企業の管理職の方々が来る場所だとおもっていたので敷居が高くて、私のようなOLが受講してもよいのかなぁ…と、なかなか踏みだせずにいました。でも、プレセミナーも体験して、やっぱり好奇心に従おうと、勇気をふりしぼって飛び込みました。

米元 美和さん

結果、向上心と志の高い素敵な受講生の方々が集まっている環境で、ビジネスの現場の生のお話や問題解決されていくお話がきけたのでイメージがどんどん広がりました。

ただOLをしているだけだったら、いろいろな業界の経営者の方や専門家の先生とお話できる機会って、ないですよね?それに数百社の経営コンサルをされてきた、藤田先生の経営心理学を実践された豊富な解決策を聞けたことは、とても刺激的で毎回ワクワクしました。

私は百貨店の中に入るテナントの企業の営業をしており、今後のために新店長によるチームをサポートして育てているときでした。講座で学んだことをアウトプットしたり、私自身が実践することで、スタッフさんの主体性がどんどん発揮されて、自分達で行動しながら予算を達成できるチームに変化しつつあります。そしてスタッフさん達を信頼し現場を委ねることができるようになりました。社長にも「経営の話を一緒にできる人が会社にいてくれて嬉しいよ。」と喜んでいただけ、私自身は現場を見守りつつ、社長と現場とつなぐ役に専念するように変わりました。

また、講座が進む中で、私自身の内面や、自分に対するイメージも変化してきて、新しいチャレンジをすることができました。そして幼児教室の講師の仕事の採用に合格して、新しい仕事も始めることにつながりました!興味のきっかけは学べば学ぶほど、経営の現場での人間関係と家族との人間関係がつながっていることにきづいていったこと。人材育成も育児も、関わる人(上司や親)の思考が大事と思い、実践している教育を学び、人生で生かしたくなるように、心が変化したからです。

コミュニケーションの心理を学び、実践してきたことで、家族とのつながり、社長、スタッフさん達とのつながりが深くなったことで、応援してもらい、支えてもらいながらチャレンジをすることができました。今は2社に在籍しながら、学びを実践して、相乗効果を感じています。

コンテンツは盛りだくさんいただいたので現場で自身が活用して実験して体得し、レクチャーをしていくことで喜ばれていくのを感じています。自分に能力がなくても、アウトプットで喜ばれ、経営者の方々のお話をきいて、フィードバックをするだけで喜ばれるようになるのはすごいです。共感力は人間だからこそもてる能力ですね。

私は女性にこそ受講して欲しいなぁとおもいます。なぜなら、女性自身が癒されて、元気でいたら家族も、会社も、エネルギーが回復するからです。その女性の成長につながって、その方から始まる可能性が広がっていくからです。

「視座を高く」持つこと。自分と自分の可能性をもっと信じられるようになること、自分のことが大好きに変わっていくことが自分自身を経営することのスタートになると講座を通して体感しました。

■ 対面能力がレベルアップし、短時間で相手と関係の構築が出来るようになりました。

生命保険会社 営業職 田村大輔さん

田村大輔さん

私はライフプランニングから生命保険を通じて、最適な保障と将来の資産形成をする仕事をしています。この講座を受講して私が実感していることは、対面能力がレベルアップし、短時間で相手と関係の構築が出来るようになったことです。

目の前の人が求めるものを引き出せるようになり、「あなただからここまで話した」と本当によく言われるようになりました。

田村大輔さん

この講座はインプットとアウトプットがバランスよく盛り込まれています。経営者、士業、マネージャー職、営業職が立場を越えて深く関わることができます。日本にあるようでない、類い希な講座であると思います。

また、ワークを通じて家族との関係も更に良くなり、公私ともに飛躍と充実を感じています。多様なジャンルの仲間と交わることで、視座が高くなり、今後の日本の抱える問題を経営と心理学を交えて考えることができる講座でもあります。何より藤田先生の「熱い想い」からくる渾身の講座を是非とも体感して頂きたいと思います。

■ リクルートやチームのモチベーションアップでも成果を実感できました。

外資系金融機関 営業所長 木村篤史さん

木村篤史さん

私は、大手百貨店で7年間勤務。その後、外資系金融機関に転職し1年間の営業を経て、現在は営業所長3年目としてリクルートとマネジメントをしています。前職時代から現場のマネジメントをしていましたが、何しろ感覚重視でした。

講義の初日に『人間を動かすためには人間を知ることが必要。人間を知るための勉強を皆様どのくらいしていますか?』という藤田先生の問いにドキッとしたのを覚えています。もし自分の感覚だけに頼らずに、もっと人間の原理原則を学び現場のマネジメントに活かすことが出来たなら、もっと人の人生まで変えてしまうようなワクワクするような日々になり、メンバー1人ひとりの成果も上がるのではないかと感じ真剣に学ぼうと決意をしました。

木村篤史さん

講義では『講義でのインプット』と『現場でのアウトプット』の繰り返しです。感情の戦略では継続学習を繰り返すうちに『何より人間を動かすこと以前に、自分自身が変わらなければ周りも絶対変わらない』『自分が変われば周りも変わる』と確信が持てました。

また、講義の中で様々な業界の経営現場での成功事例などが挙げられますが、全てに心理学や脳科学に裏付けされた解説があるので再現性も非常に高いです。私も自分自身の業務と重ねて『リクルートですぐに実行出来るアプローチ』や『チームのモチベーションアップの具体的なアイデア』などを幾つも得ることができ、すぐに成果も実感できました。営業職の方はもちろん、私の様に優秀な人材のリクルートや人材育成の戦略を本気で考えている方にもこの講義の受講を是非お勧め致します。

最後になりましたが、大阪での第1期生としてこの講義を受けることが出来、志が高い受講生ばかりで切磋琢磨できたことに、心から感謝申しあげます。

ご不明な点がございましたら、下記よりお問い合わせ下さい。

pagetop