TOP >  受講生の声 一覧 >  受講生の声(士業)

受講生の声(士業)

■ 受講したおかげで単価の高い案件が受注できるようになり、顧問先も増えました。 家族にも良い影響が出ています。

行政書士法人STパートナーズ 代表社員・行政書士 笹口 哲也さん

笹口 哲也さん

 “これしかない!”
 経営心理学のプレセミナーを受講した際、私が直感したことです。
 私は、行政書士として開業して10年以上経ちましたが、以下の様なある種の限界といったものを感じていました。

笹口 哲也さん

 ①スポット案件が多く、売上が安定しない。
 ②顧問契約を獲得しても、満足なサービスが提供できていない。
 ③業界全体が金額勝負(ダンピング)の傾向が強い。
 その様な状況下で、AI等の技術革新や規制緩和の影響による行政書士というビジネスモデルに対する危機感があったことから、すぐに経営心理士講座の受講を決めました。

講座の内容は体系的にまとめられていて分かりやすく、さらに現場思考の非常に実践的なものでした。また、仕事面だけでなく、家族とのコミュニケーションにも活かすことができるので、公私ともに助かる場面が多いです。講義は毎回、受講生同士のディスカッションや宿題の発表があるのですが、この実践が自分を成長させてくれます。

顧客心理で学んだ内容はビジネス面で非常に良い影響が出ており、受講前には無かった様な単価の高い案件を受注したり、顧問契約先が増えたりしているのもこの講座を学んだ成果だと強く感じています。

組織心理の講座では組織運営のイロハを一から学び直すことができました。この受講が良いきっかけとなり、自分の右腕となって欲しいと考えていた同業者(現パートナー)を口説くことに成功し、一緒に行政書士法人を設立することができました。

今後、生き残りが益々厳しくなっていく士業界においては、“こころ”の本質を学ぶことが大きな武器になると痛感した講座でした。

■ この講座は人生の転機になりました。講座が終わった後も効果が続いています。

櫻井健税理士事務所 所長 櫻井 健さん

櫻井健さん

率直な感想を言えば、受講してとてもよかったです。特によかったのは「課題」です。受講し終わって時間がたちますが、いまだに課題のフレーズを思い出します。こういった講座は普通、受講したらそれで終わりとなってしまいますが、この講座は違います。終わった後も効果が続きます。もっと言えば自分の行動を制限しているものが何かを知ることができます。自分の人生の一つの転機となったと思います。

櫻井健さん

また、ディスカッションを通じて受講しているいろいろな方々からアドバイスをいただきましたが、いずれもよかったです。自分を客観視するって難しいですから、他者からのアドバイスはとてもありがたいです。

受講する前は他の人の行動や言葉が気になってしまうことが多く、そういったことが自分の不平や不満になっていました。職場でも、もっとこうしてほしいのになぁと思っても、黙ってしまうことばかりでしたが、この講座を受講してからはめんどくさがらずに伝えることができるようになりました。その結果、私自身が苛立つことがなくなってきました。当然職場の雰囲気も良くなりました。

この講座で教わったことや受講生の方から教わったことを自分の顧問先などのお客さんに伝えるのはもちろんのこと、自分自身の心を変えて、この講座で勉強したことを現場で活用していきたいと思っています。めんどくさかったり、照れくさかったり、恥ずかしがっている場合じゃないですよね。

■ 心と数字の両輪を兼ね備えた税理士は経営者にとって最強のパートナー

赤松祐光税理士事務所 代表税理士 赤松 祐光さん

赤松 祐光さん

AIや機械がいかに進化しようとも人が人である限りその根源にあるものは「心」。元々財務や税務の専門家である税理士が、人間の原理原則である心を学び、視座を高め、現場で生かすことで、会計のための数字ではなく、経営判断のための数字を駆使する、経営者にとって両輪を兼ね備えた真に最強のパートナーになれるということをこの講座を受講して実感しました。

赤松祐光さん

また、税理士はお客様と共に共通の目標に向かい、幸せや喜びを共有し、感謝の言葉を頂ける最高に恵まれた職業であることを再認識させてくれました。

組織心理では、組織作りは個々の経営者の想いや夢でそれぞれ異なり、肥大化ではなく本当になりたい姿になって頂くことが大切なのだということを学びました。これは年商1千万円の最初の壁を超えたくらいの開業間もない税理士たちにとっては他人事ではなく、次にどこへ向かうのか、一人で年商を伸ばせるところまで伸ばすのか、人を増やして組織化していくのか、組織化するならどのような規模のどういった風土の組織にするのかなど、未来のあるべきワクワクする姿を見据えて今に落とし込むきっかけになると思います。

藤田先生の講座は多くの士業の方々に、そして経営者に夢と希望をもたらす講座です。もっとたくさんの方に知って頂き、幸せ人口が増えていきますように!

■ これからのAI時代に士業として活動していく上で欠かせない学びがありました!

社会保険労務士・中小企業診断士 岩出 優さん

岩出 優さん

普段社会保険労務士として活動する中で、組織活性化に関する相談を受けることが多くあります。これまでは、「就業規則をこう直しましょう。」「評価制度をこうしましょう。」など、人事の仕組み(理屈)に偏ったアドバイスをしていましたが、組織心理の分野を学ぶことにより、従業員の心理(感情)の観点が補完され、より説得力のあるアドバイスができるようになりました。

岩出 優さん

また、顧客心理の分野も人の持つ心理的欲求を押さえた上で、「どういった要素に興味を持ち、買いたくなるか。」を学ぶ、という流れで講座が進みます。先に挙げた組織活性化と同様、マーケティングについても理屈と感情という2つの観点に基づいた考え方ができるようになりました。人間の感情の基となる脳の仕組みから学ぶ点は、マーケットインを究極まで捉えた考え方ではないかと思います。

講座においては、毎回心理に関する宿題(部下に対する接し方など)が課されます。課題を実際の職場で行う中で、一人ひとりの行動や組織の雰囲気が変わり、最終的には売上などにも良い影響が出てきたりするなど、経営心理学の効果を驚くほどに実感することができます。

AIの登場により、士業の手続き業務は今後縮小していくことが見込まれています。その中で、最も機械化しにくい心理について学び、専門分野の知識と心理学をあわせたコンサルティング業務に取り組む基礎ができたので、とても大きな財産を得ることができたと感じています。

今後より高い付加価値を提供できるよう、経営学・心理学両面から学びを深めて行きたいと思います。

■ 組織創りのコンサルティング業務を受注することができました!

株式会社港国際ワークスタイル研究所 代表取締役 社会保険労務士 近藤由香さん

近藤由香さん

この講座は士業、コンサルタントの方には本当にお薦めの講座です。経営コンサルティングの内容や他社事例(守秘義務の範囲内で)が、ふんだんに盛り込まれ、それが心理学の理論に裏打ちされているのでとても説得力があり、経営指導の考え方やお客様との関わり方の根本を身につける事ができました。これまでは就業規則作成、給与計算、助成金といった業務をやってきましたが、この講座で学んだことを活かしてお客様のご相談に乗っていたところ、組織創りのコンサルティングの業務を受注することができました。

近藤由香さん

人工知能の発達によって今後は手続業務だけではやっていけないと思っていたので、コンサルティング業務を受注できたことはとても大きな自信になりました。今後も受注を拡大していきたいと思います。

■ 税理士として経営者の悩みに接する中で、本講座の内容は非常に参考になりました。

山本英昭税理士事務所 代表税理士 山本英昭さん

山本英昭さん

この講座では、藤田先生の経営コンサルタントとしての事例がふんだんに盛り込まれており、脳科学や心理学を根拠とした実践的な経営の悩みを解決するヒントを学ぶことができます。
私は税理士として、法人の顧問をさせていただくなかで、日々多くの経営者の悩みに接してきましたが、本講座の内容を基に経営・ビジネスのアドバイスができるようになり、非常に役に立っています。

山本英昭さん

また、コミュニケーションの課題を実践することで、部下やお客様、家族、友人との関係がよくなったとの声が一緒に受講した受講生の中で沢山あがっていて、私自身もその変化を実感しています。

この講座は、経営者に接する士業や経営者に非常に価値のある講座だと思います。

■ ビジネスと人生の両方のステージを引き上げてくれた講座でした。

株式会社親交経営 代表取締役・公認会計士 碇 信一郎さん

碇 信一郎さん

自らのミッションを「クライアントの幸福感を高める経営コンサルタント」と定めた私にとって、人間心理の観点から「経営」を捉える経営心理士講座は、受講しない理由はありませんでした。

碇 信一郎さん

本講座によって、人間心理と経営との関連を体系的に学ぶことができ、これまでの知識や現場での経験をあらためて整理することができました。また、理論によって経験を裏付ける事ができたため、よりクライアントに伝わる話ができるようになったと思います。相手のニーズを的確に知ることができるようになったことで、クライアントの満足感も高まっていると感じています。

このような仕事面での成果に加えて、私の場合は家族(母親、家内、子供たち)との関係を見直すきっかけをいただきました。本講座での宿題を通じて、身近な存在である家族にあらためて日頃の感謝を伝えたことで、コミュニケーションが非常に良くなり、この点でも本講座を受講して良かった、と心から感じております。

ビジネスのステージも、自分の人生も、ともに引き上げてくれる講座でした。

■ 本講座で学んだコミュニケーション法を活かし、新たに顧問先を獲得できました。

銀座高岡法律事務所 代表弁護士 三浦謙吾さん

三浦謙吾さん

私は、会社の法律顧問業務を専門にする弁護士なので、会社の経営者と接する機会が多いのですが、顧問として経営者に寄り添いながら業務を行う中で、法律の分野だけではなく、会社の経営に関する相談を受けることが多くなってきました。そこで、会社の経営について学んでいたところ、単なる経営学ではなく、心理学からのアプローチを絡めて経営を学べる講座が開設されると聞いて興味を持ち受講することにしました。

三浦謙吾さん

この講座の良いところは、心理学や脳科学の知識を学びつつ、それが会社の経営とどのように結びつくのかを、経験豊富な藤田先生のコンサルティング事例を引き合いに出しつつ、具体的かつリアルに学ぶことができるところです。また、受講生が、単に藤田先生の講義を受動的に聴くのではなく、毎回のワークやディスカッションを通じて講座に参加することで、より能動的に学ぶことができるところもこの講座の特色です。私は、他の受講生の意見を聴いたり、議論したりすることを通じて、講義での学びをより深めることができました。

この講座は、他人とのコミュニケーションが行われる場面で発生する人間心理とはどのようなものなのかという学びから始まり、会社組織における人間心理、顧客との関係における人間心理、会社を経営するにあたっての人間心理等、それらが経営にどのように関係してくるのかについての知識を、具体的事例やディスカッションを通じて有機的に学ぶことができます。

この講座で毎回出される課題をこなして仕事や私生活で実践するうちに、学んだことが少しずつ血となり肉となっていくことを実感することができました。この講座で学んだコミュニケーション方法を用いたことによって新たに顧問先を獲得できたり、クライアントから、このような対応をしてくれる弁護士は初めてですというお言葉をいただくことができたりしました。

それから、脳の目標に対する習性を学んだ上で、人生の目標を20個決めてコース期間中、毎回、人に話すワークをやるのですが、そうやっているうちに人生の目標の1つが叶いました。これには驚きました。これも本講座での大きな収穫でした。この講座からは、小手先の技術ではなく、人間の本質に着目した、深い学びを得ることができると思います。

■ 社員が自立的に意見を出してくれるようになり、社内に活発な空気が流れています。

行政書士法人GOAL 行政書士 石下貴大さん

石下貴大さん

行政書士は会社を作ったり、許可を取ったりするのが主な仕事ですが、どうしてもそれだけだと単発案件で終わってしまうので、もっとお客様のニーズを引き出すためのコミュニケーション能力を身に付けたいと思っていました。また今後、規制緩和にはじまり、機械化、ビックデータなどの技術の発達により単純な手続き業務だけでは今後やっていけなくなるという危機感もありました。

石下貴大さん

そんなときにこの経営心理士協会に出会い、即参加を決めました。実際に受けてみてよかったのが、心理学を経営面からのアプローチで捉えているところです。私はこれまでたくさんの心理学の本を読んできましたが、これまで読んできた本はどちらかというと小手先のテクニックだったり、学術により過ぎたりしていて、なかなか仕事に活かすことができませんでした。この点、この講座は講師が実際に心理学を用いて経営の悩みを解決してきたことが体系的にまとめられていて、非常に実践的なものでした。また、ワークの時間、振り返りの時間も丁度良くとられていて、時間があっという間に感じられ、また、実践的な内容だからこそ理解も深めることが出来ました。

実際にお客様だけでなく、社員、家族とのコミュニケーションにも大いに効果を発揮しており、いままでどこか一方的だったり、ちぐはぐに感じた関係がどんどんときほぐれていき、相手の意見を引き出しやすくなってきました。特に社員においては目に見えて自立的に意見を出してくれるようになり、社内に活発な空気が流れています。それから、人生で叶えたい目標というのをいくつか設定し、コース期間中ずっと意識するということをやるのですが、そうやっているとコース受講期間中に1つ叶ってしまいました。目標を意識することが脳に与える影響を学びましたが、すごいなと思いました。非常に多くの学びを毎回いただいたので、しっかり一つ一つ実践していきたいと思います。

■ クライアントや同僚との信頼関係も向上し、この講座での学びは一生の財産です。

弁護士 波戸岡 光太さん

波戸岡 光太さん

この講座では、今後ずっと実務に活かし続けることができる糧を得ることができました。“経営に活きる心理学”と、“心理学を活かす経営”とを同時に学ぶことができました。

日々の業務で誰もが考え、工夫し、ときにゆきづまる経営の問題と人の問題について、「心」の面からアプローチをして、心の仕組みを知り、経営をうまく機能させる手がかりを教えて頂きました。

波戸岡 光太さん

講座の内容は日々の業務ですぐに活かすことができ、また自分の心の在り方や人との接し方を見直すことができるので、クライアントや同僚との信頼関係も向上し、この講座で得たことは一生の財産です。

これも藤田先生の心理学への深い造詣と、経営コンサルタントとしての豊富な実務経験、そして何より経営心理学を伝えたい、経営心理士を育てたいという熱いパッションがあるからだと思います。

ぜひとも受講をお勧めします!

■ 今までには感じられなかった深い信頼関係をお客様との間で築けるようになりました。

表参道司法書士事務所 司法書士 佐藤貴弘さん

佐藤貴弘さん

私は司法書士として、不動産決済や会社設立業務を中心に、個人、法人のお客様と幅広く接しております。司法書士の仕事は登記をという手続き代理が中心なのですが、登記は正直どの司法書士に頼んでも結果が同じなため、付加価値がつけにくく、どうしても価格競争に巻き込まれやすいという点が課題でした。

佐藤貴弘さん

そんな中、経営心理士協会との出会いにより、脳のメカニズムや感情の動くメカニズムを学び、その学びを現場で実践した結果を仲間とディスカッションしていくうちに、徐々にお客様から価格ではなく「佐藤さんだから」をいう理由でお仕事をお預かりする事が多くなっていました。顧客心理の内容は正に目から鱗でしたが、特に効果を発揮したのが「共感」する力でした。コースの中で学んだ聴き方を実践しながら徹底的にお客様のお話を聴くことで、今までには感じられなかった深い信頼関係をお客様との間で築けるようになりました。

また、お客様に対してだけでなく、事務所内部の人間関係にも変化がありました。今までは、私が事務所全体の方針を決め、勢いで突っ走ってきたような状況でしたので、事務所のメンバーに意図がなかなか伝わらず、ぶつかり合うこともしばしばありました。ところが、講義での学びを実践していくにつれて、事務所内のコミュニケーションも円滑になり、今では毎週月曜日に事務所メンバー全員で現状の課題、今後の方針について共有し合うようになりました。事務所の雰囲気は大きく変わり、非常に風通しの良い雰囲気になっています。このコースの内容はとても実践的なところが素晴らしいです。

また、もう一つのこのコースの魅力は、本当に質の高い前向きな仲間と共に、学び分かち合えるという環境だと思います。ここで出会った仲間は私にとって何よりも大切な仲間です。学びと仲間が得られる貴重な機会を得られたことに感謝しています。

■ 営業のヒント、アイディアを数多くいただきました!

東雲アドバイザーズ株式会社 司法書士 内田晋太郎さん

内田晋太郎さん

かつて役者として人間の心理を表現しようとしていた私としては、ビジネスの世界で活用できる心理学、というテーマは非常に興味をそそられ、知人の紹介を受けてためらいもなく受講の申し込みをしました。改めて心理学の面白さ、奥深さに気付かされるとともに、ビジネスに対する考え方を変えてもらえたような貴重な経験を得ることができたと感じています。

内田晋太郎さん

心理学を学ぶというと、相手の心理を操るような技法的なものを連想しがちですが、経営心理士講座では、こうした技法的なものの前提として、心理とは人と人との関係性で生まれてくるものであり、関係性を変えるためにはまず自分を変える必要がある、自分を律して導いていく必要がある、という視点が重視されています。経営者に対する営業や部下のマネジメントにおいて壁にぶつかっていた私にとって、まず自分の心理を見直すという視点は新鮮であり、講義で得たことを実践することによってまた新たな気付きを得ることができました。何よりも、自分を見つめ直す、理解する、そして他者に働きかける、という一連のサイクルがとても心地よく、大袈裟かもしれませんが「生きている」実感さえ得ることができました。

また、他の受講者の方とのワーキングを通じてビジネスの現場ではなかなか得られない生のフィードバックをもらえる、というのもこの講座の大きな特徴です。営業におけるヒントや、ビジネスのアイディアを数多くいただくことができました。

経営心理学は実践してこそ意味があると思っています。まだまだ実践できていない知識がたくさんあるので、これからの活用が楽しみで仕方ありません。

■ 専門士業にこそお勧めしたいエッセンス満載です。

ライズアクロス司法書士事務所 代表 司法書士 高橋圭さん

高橋圭さん

この講座の特徴は、講師の藤田先生の現在に至るまでの実践的コンサルティングに基づくご経験が心理学のフィルターを通して体系化されている点、そして、少数で活発な意見交換、実体験の共有をもとに行う能動的な講義形式のため、参加メンバーの間の密なつながりも自ずと構築される点にあります。

高橋圭さん

私も司法書士事務所の代表として、従業員との接し方など勉強になることがとても多かったですが、お客様とのやり取りを行うに際し、よりコンサルティング的な切り口で提案できる機会が明らかに増加しました。

専門士業はお客様の大半が経営者です。経営者の考え方が身に着きますし、経営者との距離感が自ずと縮まりますので、専門士業にこそお勧めしたい講座だと思います。

■ 実務的な心理学を経営面から体系的に学べて大変勉強になりました!

行政書士赤沼法務事務所 代表 赤沼 慎太郎さん

赤沼 慎太郎さん

私は、中小企業の経営改善、財務改善のコンサルティングを主に行っており、経営者の方々とお話することが多く、また、取締役会議や営業会議、店長会議などにて顧問先の役員や社員さんとお話する機会も多くあります。その為、専門知識はもちろんのこと、コミュニケーション能力は欠かせない要素の一つです。

赤沼 慎太郎さん

この経営心理学講座は、効果的にコミュニケーションを行うために知っておくべき心理学を経営面から体系立てて教えて頂けたので、大変勉強になりました。また、これまでに見聞きした知識であっても、実務的な場面を想定した上で体系立って学べることで、新たな気付きが得られました。

また、講座では多くのワークやディスカッションが取り入れられ、受講者同士の交流も進み、様々な視点を知ることが出来たり、毎回の宿題で学んだことを実践したりするため、インプットとアウトプットをしっかりすることが出来ることがこの講座の特色だと思います。

この講座で学んだことを活かして、より一層お客様との良い関係作りをし、そしてお客様に学んだことを伝え、クライアント企業の組織の活性化にも役立てていきたいと思います。

■ 現場で成果が表れた感動を話す受講生たちの喜びの姿がありました。

公認会計士 朝倉厳太郎さん

経営心理士コースでは規模も業種も社歴も年齢も異なる、経営者や士業の受講生が集まって、体系的に整理された経営にまつわる心理学を学び、自社やプライベートの悩みを語り、皆でそれを我が事のように捉え、解決策を提案し合います。

ここで学ぶ知識、実践して得られる体験、そして何より、本気で向き合える受講生仲間たちから聴く課題とその解決事例に触れる時間は、言葉にすることが難しいほどの価値として感じられました。

毎回出される課題を実践し発表するのですが、その発表の際に私が目の当たりにしたのは、会社の仲間、お客様、家族と分かり合い、より強い絆が生まれ、現場で成果が表れた感動を事細かに話す受講生たちの喜びや安堵の姿でした。

それは私にとって経営やビジネスを成長させる力が身に付いていくのを実感する瞬間でした。

■ この講座を受講して、ずっと叶えたかった3つの目標が全て叶いました!

株式会社CHANGE 代表取締役 税理士 大野晃さん

この講座では目標が脳にどのような影響を与えるかを説明した上で、叶えたい3つの目標を書き、それを毎回、アウトプットするというワークをやります。

私は、①社外戦略アドバイザー契約を受注する、②株式投資で成果を上げる、③書籍を出版するという3つの目標を設定しました。

そして、講座の度にアウトプットすることにより、その目標を達成するために必要な情報が日常生活の中でも優先的に目に留まったり、耳に入って来るようになったりしました。

その結果、講座が最終回を迎える頃には、この3つの目標をすべて叶えられました!(書籍は電子出版ですが)

また、経営心理学を受講して、もともと積極的な性格が更に積極的になりました!本当にありがとうございます!

■ この講座で会計士としての目標ができました。

会計事務所所属 公認会計士 新地 皓貴さん

この講座では、組織マネジメント、顧客獲得、採用などの様々な経営課題について、心理学や脳科学という切り口で考えるための知識を学ぶことができました。単なる座学によるインプットだけでなく、同期生とケーススタディをしたり、学んだことを後日職場などで実践しその結果をレポートに書いたりと、アウトプットする機会もあるため、知識を効果的かつ効率的に吸収することができました。

また、同期生の方々も、エネルギッシュで前向きで人の良い経営者や士業の方が多く、そういったポジティブな方々と知り合える点もこの講座の魅力の1つかと思います。

さらに、意外だった点は、この講座で学んだことを職場だけでなく家庭においても実践することで、コミュニケーションが円滑になったことです。むしろ、自分の幸福度への影響度合でいうと、家庭の方が高かったのではないかとすら感じています。

この講座を受講したことで、会計士としてクライアントだけでなく一緒に働く仲間にも寄り添える組織を作りたいという思いが強くなりました。教科書通りに行かないことばかりかと思いますが、諦めずに目に見えない感情や心も大切にできる会計士になれるように頑張っていきます。良いきっかけを有難うございました。

ご不明な点がございましたら、下記よりお問い合わせ下さい。

pagetop